« 退職は卒業? | トップページ | CMBSの件 »

F1ホンダの不振

今年からホンダがマクラーレンと組んでF1に復帰した。

1年目から表彰台を目指すようなことを言っていた気もするが、上位入賞ならすごいなあと思っていた。
しかし、現在コンストラクター9位(下から2番目)
日本GPではアロンソがGP2のエンジンだーと無線で叫んでいたとか・・・
ホンダはエンジンはルノーよりもパワーがあるが、PUだと負けているとか・・・
マクラーレンから押し付けられたサイズゼロコンセプトも問題と思うが、
結局のところ、ホンダには電機系に強い方が少ないのでは?と思ってしまう。
市販車であれだけ問題を起こしているのに、そちらにリソースを割いたまま、レース事業などできないからだ。
もしくはレース事業に集中するため、市販車でトラブルを出し続けたか?
以前乗っていたアコードハイブリッドも最終的にはハイブリッドシステムの不具合でディーラーとトラブルになり、売却した経緯があるので、個人的ではあるが、PUで問題を抱えているのは「多分しばらく改善できない」と思う。
来年、大きく改善できていれば、市販車にも是非フィードバックを・・・とも考えるが、今の所、ホンダに戻るつもりはないが。

|

« 退職は卒業? | トップページ | CMBSの件 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1ホンダの不振:

« 退職は卒業? | トップページ | CMBSの件 »