« パワステ点検 | トップページ | パワステに関して »

現在代車中

前回記事通り、先週水曜日にパワステ点検が発生した。

今回は下り坂から小さな交差点を左へ曲がり始めた段階(ハンドルを切り増ししている最中)で発生した。
ほぼハンドルロックに近いぐらいの重さに変わり、とても慌てた。
ハンドル操作中にいきなりパワステのアシストが0になるわけなので、当然クルマは大回りになり、交差点にある家に吸い込まれる感覚だった。
左に曲がるので元々減速していたのだが、慌ててハンドル左側を両手持ちしてハンドルを引き下げ、また急ブレーキすることでなんとか衝突は回避できた。
ドキドキドキドキ・・・・・・・
すぐにディーラー営業に電話するも電話は出ず(水曜日なので店舗はお休み。出なくてもしょうがない)、連絡がついても明日代車を用意しますとのことだった。
その日の夕方から車で出張なのに。
とりあえずアコードハイブリッドで出張し、翌日戻っている最中にまたもパワステ点検が発生した。
このときは緩い左カーブでほぼ直進に近い状態だったので、そこまでは慌てなかった。
ただ近くに停めることができず、暫くオモステ状態で走って、広い路肩部分を見つけて停車し、電源再起動で復活した。
その後ディーラーに持ち込み修理を依頼した。
これでは完全にレジェンドと同じではないか???
レジェンドはブレーキでアコードハイブリッドはハンドルか?
同じくパワーアシストがうまく働かないのは同じ。
どちらもクルマとしての基本中の基本(走る、曲がる、止まる)なので、どうにかしてほしい。
これを書いていて思い出したが、かなり前に乗っていたラグレイトは4万キロと8万キロでトランスミッションを交換した。
これが「走る」の問題なのなら、発売直後に購入したクルマでクルマの基本性能の故障は完全制覇??
書きながら笑ってしまった。
発売直後に購入したアコードインスパイアは電装系がボロボロだったし、ラグレイトはトランスミッション、レジェンドはブレーキ、アコードハイブリッドはハンドル。
はぁ。
モデル末期で購入したアコードワゴンは全く問題なかったのに。
ホンダのモデル初期はやめた方がよさそうだ。
モビリオはマイナーチェンジ後に購入したが、これもパワステに不具合があったし。
なにか、次のクルマはホンダにならない気もしてきた。
ちなみに現在の代車はディーラーの計らいで現行のオデッセイアブソルート。
これはすこぶる調子がいい。
ただ遠出を2度しているので、結構距離を走ってしまった。
ディーラーさんごめんなさい。

|

« パワステ点検 | トップページ | パワステに関して »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現在代車中:

« パワステ点検 | トップページ | パワステに関して »