« 2013年8月 | トップページ | 2014年2月 »

フェード??2

近場の山道を走ってみました。

高低差約600m、距離約8km、平均斜度7.5%の山道です。
下りは直線部(とても短い)で約50km/h〜60km/h過ぎまで加速し、
ヘアピン等は約20km/h〜約30km/hまで減速しての走行です。
(すべてメーター読み、状況により若干異なる)
センターラインの無い本当の山道(林道です)なので、思ったほど速度は
出せませんでした。
(落ち葉もあるし)
走行イメージは、同乗者がいると確実に車酔いするくらいの走りです。
同乗者がいたらクレーム必至(笑)私も気分が少し悪くなりましたし。
下りのため、上りの時はバッテリーが3セグメントより上には行かなかったのが、あっという間に8セグメント(フル)になりました。
ただし、ブレーキング時間が短いので、エンジンをモーターで回しての余剰電力放棄をしていたかまでは確認取れてません。
コーナーの立ち上がりではほぼEV走行になってしまうので、結局ブレーキでバッテリーにほぼ回生されてしまうようです。
しかし、山道を下りきって車を降りホイールに手をかざすと、フロントは結構熱が出ていて、リアはほんのり熱が出ていました。
つまり、油圧ブレーキはしっかり使っているようでした。
でも、強烈な熱気ではないので、フェードを起こすほどでは無いと思います。
実際ブレーキフィーリングは全く変わりませんし。
ちなみに下りはDレンジでした。
Bレンジだとより回生が強くなるのですが、ブレーキ酷使した場合の状況が見たかったのでDレンジのままです。
この道ではこれ以上の速度で下るのは安全上厳しい(私はその道の人ではない)ので、この道ではフェード状態は出せないと思います。
(ただ単に運転がへた??)
実験は箱根みたいに高低差1000mないと無理なのかな?
上りはエンジン結構回ってました。
アクセルはベタ踏みはせず、パワーゲージで大体半分程度くらいで上りましたが、
まあエンジンは発電機なので、必要な電力を発電するためにある程度の回転数を維持するので、通常のエンジン車のように速度に応じて下から盛り上がる感覚はありません。
また、減速時にアクセルを戻すと瞬時にエンジンは停止し回生をしますので、そこは無音。
つまり、アクセルオン時とオフ時の落差が激しいので、通常のガソリン車に乗られている方にとっては、思ったよりうるさく感じるかもしれません。
(ガソリン車はアクセル戻してもその時点の回転数から徐々に落ちて行くため)
これはシリーズ型ハイブリッドの特性ですね。
でもエンジン音はアトキンソンサイクルなので、ノイジーと言うかチューニングが足りないというか・・・
効率優先のエンジンなので仕方がないと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何かが始まる・・・2

アコードハイブリッドをお持ちの方、何か始まりましたか?

ちなみにPレンジだけではなく、Nレンジでもできます。
(Dレンジではできません。モーターに出力が行ってしまいます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フェード??

久しぶりにググると少し前の記事でアコードハイブリッドが箱根の下りでフェードするとありました。

色々なところで話題になっており記事もたくさん書かれていますが、現時点で2800Km程度走行した私からも一言。
箱根ほど急坂を上り下りした訳ではないですが、下り坂で満充電後の状態が暫く続く状態にはなったことがあります。
確かに少し制動距離が伸びる感じはしますが、これは制動時に回生した電力をバッテリー充電するための負荷より、回生した電力で発電用モーターを使いエンジンを回して回転エネルギーに変換するときの負荷が少し少ないのだろうと感じます。
まあ、アトキンソンサイクルエンジンですから。(狭義ではミラーですけど)
ポンピングロスを減らすための遅閉じですが、VTECでパワー側カムを使えばポンピングロスをより効果的に使えるのかも知れません。
でも、普段使いには全く関係ない問題です。
あれをフェードと感じるなら、元記事を書いた方は普段相当良いクルマに乗られていると思います。
もしくは一般人は使わない速度域で走行し、回生失効するストッピングパワーを使って油圧ブレーキのみを使い続けたのかもしれません。
急ブレーキを踏むとシステムが回生を失効させ油圧ブレーキがメインになります。
これはシビックハイブリッドも同じでした。
ちなみに急にその状態になるとアコードハイブリッドはエマージェンシーストップシグナルが点滅します。
(踏み込む力によってはエマージェンシーストップシグナルが点滅しないこともある)
もしかしたらホンダのスポーツハイブリッドを勘違いしているのかもしれませんね。
「スポーツ」が付くから「R」や「Type-R」くらいの気持ちがあったのでしょうか?
マニュアルシフトセレクターも無いサルーンなのですが。
ちなみにオートマ車でDレンジ走行での下り坂で制動距離が伸びる感じと同じです。
普通は2レンジや減速のためのレンジを使うと思いますが、アコードハイブリッドにもBレンジがあります。
満充電でBレンジを使うと明らかにエンジン回転数が高くなりますので、エンジンをより高回転で回し、回生電力を消費しているのがわかります。
シビックハイブリッドの時は、満充電になると完全に回生失効しエンジンブレーキのみになり、明らかにブレーキフィーリングが変わるので、あれと比べるとアコードハイブリッドはフィーリングがほとんど変わらないので素晴らしいと思っています。
地元の近場に高低差600m弱で平均勾配が箱根に近い(箱根よりは高低差がなく、勾配も少し緩い)ところがありますので、今度ドライブしてみたいと思っています。
でも、実のところ私は箱根の山を知らないので、正月の箱根駅伝のあの道を想像すれば良いのかなあ?
近場の山道はあんな感じなので速度は出せませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブン音

アコードハイブリッドで、システムONから初めてメーター読みで30Km/hを超えるときに「ブン」音がする。(音は小さい)

信号などで止まって、再度30Km/hに到達しても音はしない。
一度システム電源を切って、再投入すると1回目の30Km/h到達時に音がする。
一体何の音?
気になっていたので、ディーラー洗車ついでにディーラーのデモカーで試してみると、やはり同じ音がする。
個体の問題ではないということに安心すると同時に、一体何の音かがとても気になる。
誰か知っている人いないかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーダー探知機その2

まだアコードハイブリッドにレーダー探知機を付けていない。

既に2500Km以上走っているのに。
探知機無しに慣れてしまったので、もう付けなくても大丈夫???
レーダー探知機が必要な速度域で走ることが全くないので、車両情報の取得に使いたい。
そのため、OBD2対応探知機がメーカー取り付け対象になるまで待とうと思っているが、インターネットで検索するとユピテルで既に取り付けている人がいた。
私が取り付けようと思っている型番と違うが、多分大丈夫だろう。
あとはセルスターを取り付けている人がいるかだ。
今回は一体型を取り付けようと思っていたが、やはりセパレートで目立たないところに取り付けたい気持ちも残る。
セパレートならユピテルに無線LAN対応機種が無いのでセルスターにするかなあ。
(シビックに取り付けていたのはOBD2非対応のセルスターなので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何かが始まる・・・

アコードハイブリッドでシフトポジションP時にアクセル全開10秒で何かが始まる。

なお、アクセル全開でもエンジンフルスロットルにはなりません。
(知っている人は知っていると思うけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2014年2月 »