« Wiiエラー:220602のおまけ | トップページ | 点検・調査 »

毎年恒例 雪山の温泉

毎年恒例の、雪山の温泉に行ってきました。

今年は2日よりお仕事をしていましたので、いつも年初の時期をずらして3連休に小旅行をしています。

行ったところはこちら

建物は離れ風で雰囲気がよく、温泉もとても気持ちがよく、食事は部屋食ではありませんでしたが、個室風の食事処でしたので、周りを気にすることも無くおいしくいただきました。

行くときはほとんど雪はなく、山の上のレストハウスで雪がちらついていただけでしたが、翌日には数センチの雪になっていました。

旅館を出る前には雪合戦をしました。(雪合戦が出来る程度の積雪でした)

で、ここからがれじぇ子ちゃんのお話。

旅館を出るときに、道路を見てきた方から、「国道は除雪されているからチェーンは要らないよ!」といわれたので、チェーンを取り付け中だった私は、結局チェーンをはずして出発。

旅館内の道路は除雪されていませんでしたが、何の苦も無く国道へ。

国道をレストハウスの方へ進むと、黒川温泉を通過するのですが、黒川温泉から出てくる車が、積雪のためなかなか国道へ出ることが出来ず、しばらくそこでストップ。

走りだして、しばらく行くと、結構な坂道のところで「この先、滑り止め必要」表示が出ていたので、やっぱりチェーンが必要と感じ、スタンドの前にて取付開始。

すると、後からやってきたチェーン無しのマークXはその坂を上ることが出来ず、よこすべりをはじめるので、こちらにぶつかってきそうで、結構怖かったです。

久しぶりのチェーン取付(昨年はれじぇ子に付けてない)で、取付をすっかり忘れていましたが、なんとか取付方法を思い出し、取付後出発。

レストハウスから湯布院方面に進み始めると、すぐの坂道で、3台接触事故のためしばらく動けず。

チェーン無しのボルボとリヤタイヤにチェーンのプラドステージアが接触して、その事故処理に結構時間がかかりました。

ステージアはリヤ駆動なので、圧雪路でスリップはわかるのですが、プラドは4輪回るので何であんなに移動に時間がかかるのかわかりませんでした。(多分直結4駆にしていなかったと思います。)

事故処理中にバスの運転手は、「4駆乗りは、車を過信するからね」といわれていたので、私も気をつけないと!!と思いつつ、事故処理後にれじぇ子はそこをあっさり通過。

この事故を見たので、雪に対して結構敏感になりながら、雪山ドライブを堪能してきました。

スリップというスリップではなかったのですが、変な方向を向きかけたれじぇ子はVSAに1度助けられました。

速度は大して出ていなかったので、なんとも思いませんでしたが、ブレーキペダルを触ってもいないのに、右フロントのみブレーキが効いて、車が進行方向を向くのは、なんとも不思議な感覚。

れじぇ子は、安全に道路を走る機能はとても優れているなあと思います。

雪山を通過後、無事湯布院まで降りたれじぇ子は、寄り道をしながら無事家まで帰り着きました。

来年もまた行きたいな。

|

« Wiiエラー:220602のおまけ | トップページ | 点検・調査 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎年恒例 雪山の温泉:

« Wiiエラー:220602のおまけ | トップページ | 点検・調査 »